空き家所有者の早期決断がなぜ必要なのか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングでNPOを運営していたり、「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。

 

今日は「空き家所有者の早期決断がなぜ必要なのか」というテーマでお話しをさせていただきます。だいたいいつも2016年から始めているメールマガジン「空き家のコト」からの抜粋でお話しをさせていただいていますが今日は置いておいて、そもそもなぜこの早期決断が必要なのかという話を簡単にします。

 

ふるさぽの活動も足掛け10年ぐらいになりますが、この話もよくします。所有者の方に焦点を当てていたということはぜんぜんなく、どちらかというと移住者の方、次に住み継ぐ人向けに問題を解決していかないとなかなか空き家問題は解決しないと思っていました。普通に考えたらそうですよね。空き家に誰かを埋めていかないことには、使う人がいないということでどんどん朽ちていくということは分かっていました。

 

ただその中で空き家はたくさん存在するということも知っていましたし、移住したいという方もいらっしゃいましたので、単純にここをマッチングしたら問題解決するだろうと思っていましたが、現実的にはそんな甘くなく1番最初は移住者の方をどこからどう集めてくるかみたいな話に力を入れていました。

 

しかしそれよりも、そもそも空き家を貸してくれないとか売ってくれないということに最初から躓きまして、なぜこういう発想になるのかなと考えていました。よくよく考えてみたら当然のことなのです。所有者の方は不動産業者でもないですし全く慣れていない、ましてや売り物ではない自分の家ですからね。それを手放すというようなことが初めての経験ですので戸惑うことは当然であるということ。

 

ただ一方で持ち続けることに対してのリスクが明確になっていないというところと、リスクが非常に大きく見えてしまうというところがありますので、そこで行ったり来たりしてしまいます。その流れで我々も最初は、「いいですよ、貸します、売ります」と決めてくださっていたのですが、時間が経つにつれ不安が大きくなり「やっぱりやめます」と、そしてまた時間が経つと「やっぱり売ります」と右往左往している状態に困惑しました。

 

移住者を探してくるというよりも、そもそもの決断ができない所有者の方に向けて空き家を持っていても後々大変ですよということをお伝えすることが1番大事だと活動の中から見えてきて、そこから所有者の早期決断というところに軸を傾けました。最初からそういうテーマを持っていたわけではなくて、活動の中から見えてきたというのが正直なところです。

 

やってみてどうかというと、非常に根深いものをもっていまして所有者の方に寄り添いながら前に進んでいく事が、今の我々の活動の中心かなと思っています。深い話はこれからどんどんしていきますのでまた楽しみにしていてください。それでは今日はこのへんで。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

所有者へのファーストコンタクトの心得

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。

 

今日は「所有者へのファーストコンタクトの心得」というテーマで空き家社会活動家の方向けにお話しをさせていただきます。このテーマも2016年から始めていますメールマガジン「空き家のコト」からの抜粋です。

 

我々の活動としては、空き家の所有者の方が早期決断をしていただくことが空き家問題の解決につながるという話で動いています。となると、所有者の方とお会いすることがたくさんありいろんな話をたくさんしているのですが、経験上お伝えできることのひとつとして所有者の方には最大の気も使いますし、どう話を引き出すかというところに非常に気を使います。

 

ずっとやっていく中で特に地元にいらっしゃらない方、地元から離れて我々でいうと、大阪や京都もっというと東京など非常に離れた都市圏に住んでいらっしゃるような方とお会いすることはなかなかなく、今のような連休中ぐらいしかタイミングが無い。となると回数が必然的に少なくなります。

 

チャンスはそんなにたくさんないので、心得ているのは1番最初にお会いするときにほとんどすべて聞いてしまいます。このチャンスは1回しかないというふうに心に留めながら話を進めています。ですので、かなり盛りだくさんの情報を所有者の方から頂かないといけないのですが、その時に知りたいがばかりに変な質問をたくさんしてしまうのです。

 

家の事ですからプライベートなお話しをガンガン踏み込んでしまうと、所有者の方の気分を害するということもあるのです。そういう意味では1番最初にお会いして、「これから皆さんのお持ちのお家についてお聞きしたいのですが」という話の前にこんなことを言っています。「プライベートのことを深く聞きますけれども、もし言いたくない事があれば言わなくてもいいですから言えることだけお伝えください」と言っています。

 

その前置きがないと、どんどん何を聞いてくるの?ここまで言わないといけないの?ということになりますので、そこは非常に気を付けています。ただ先ほども言いましたが、きちんと理解するうえであらゆることを聞くという姿勢は持ちながら、そのへんの気の使い方も少し考えてというような流れになっていきますので。非常に難しいですが、原点に帰るとファーストコンタクトもう1回、1番最初のコンタクトに集中するということに気をつけていただきながら進めていくことが大事ではないかと思っています。

 

この話もオンラインサロン空き家ラボのほうで詳しくお話ししていますので、ぜひそちらの方も興味がありましたら覗いていただければなと思います。それでは今日はこのへんで。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ふるさぽ流空き家川上川下理論

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。

 

今日は「ふるさぽ流空き家川上川下理論」というテーマでお話しをさせていただきます。毎回この音声ブログでは過去の話を元にお話ししています。我々も講演会や勉強会に呼んでいただくのですが、その時に必ずお話しすることの大元のお話しを今日はしようかなと思っています。

 

ほとんどふるさぽのお話しというのは、空き家マッチングの活動の中から実際に経験してきて壁にぶち当たり、そこから次の方向性を見つけています。その中で1番大きかったのが、「川上川下理論」という独自に我々が考えている考え方ですが、とかくこのマッチング活動というのはどうしても幅が広いので、いろんなものをしないといけないというところにいきつくのです。

 

1番最初は空き家マッチングというところで空き家の掘り起こし、そこに住みたい人を探してこの2つをマッチングしていくということからふるさぽは始まっていきます。そこから次、空き家の利活用の方法というところで住まいという選択はもちろん、皆さんが集まる場所例えばカフェなどの幅広い利活用の方法にも目がいきます。

 

そこまでいってしまうと、どうやって人に使っていただくかという話と元々ある空き家はどこにあるのかというところで、空き家の活動についての落とし穴みたいな形でどんどん深みにはまっていくと、活動自体がどっちつかずになってしまうということが我々の経験上ありました。

 

その中で当時思っていたのは、自分たちの活動は分類してみるとどの部分をやっているのかと考えたときに気づいたのが川上川下理論でした。川に例えて川上川下があり、ずっと行っているこの活動というのをそもそもなんでこんなに大変なんだろうと考えており、その中で空き家がぜんぜん減らない、減らないどころかぜんぜん追いついてもいないし、どんどん増えているという現状に気づきました。

 

そこでの取り組みは、川に例えると川下でした。川下があるということは川上があると。川上の部分を止めないことにはどんどん川の流域が広がって、水量もどんどん増えてこの水量を減らすという点に我々は注目して川上というお話しになったわけです。この川上をどうやって止めるかというところで、空き家の早期決断というお話しになっていきます。

 

活動の中から見出した川上川下理論を深く学ぶためには、オンラインサロン空き家ラボがありますので、ぜひそちらもご覧いただければなと思っています。今日はこのへんで終わります。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SDGsと空き家所有者早期決断の関係

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。

 

今日は「SDGsと空き家所有者早期決断の関係」というテーマでお話しをさせていただきます。このテーマは誰に向けてというよりも、最近考えているというか、なるほどそういうことなんだなという話ですので、一般的な考え方として聞いていただければなと思っています。

 

テーマでもありますSDGsのことですが、いろんな方もう既にご存知だと思いますけれども、国連の方向性、持続的可能な社会を作り上げるということで国もそこに入ってどんどん広げていっています。

 

これはコロナ前から始まっているので、注目も認知もされていますがコロナが出てきまして、いろんな影響の中でSDGsというキーワードが社会の中でちょっと出てこなくなってきたという側面があったのですが、コロナも少し落ち着き始めて徐々にですがSDGsというキーワードが社会に出てきた雰囲気があり私自身いよいよ出てきたなというところで動いている感じです。

 

今日のテーマ「SDGsと空き家の早期決断の関係」って言いますけれども、改めてSDGsの取り組みをしようというふうに我々も思っていたのですが、そもそもそんな意気込んでSDGsの取り組みをしないといけないかということに疑問を感じて、この関係性は自然発生的に自動的に片方したら片方がうまくいくというような関係であれば1番ベストというふうに思っていたのでそこをちょっとリンクさせてみました。

 

非常に相性がいいというのが今日の結論です。SDGs の取り組みは17の目標があります。今日は詳しくはお話ししませんが、11番と12番というのが空き家問題に密接に絡んでいると。中でもこの早期決断というところを所有者に向けて活動することによって、いろんな学びがあるというふうに思っています。

 

詳しくはオンラインサロン空き家ラボのほうで記事にしてアップしていますので、興味のある方はぜひ覗いてほしいのですが、一部お話しするのであれば、例えば所有者の決断には空き家の中をきれいにしないといけない、その時に片付けが必ず必要ですよね。

 

その時に出てくるエピソードなどが実はSDGsと非常に密接に関係している。そこで学ぶことがSDGsになっていく事を改めて活動の中から見出した。ということで我々もたくさんのエピソードの中からSDGsの関係性を認識することになりました。もっというと早期決断はSDGsと言い換えてもいいのではないかなと個人的に思っています。

 

今一度自分たちの取り組み、皆さん心がけていただいているとは思いますが、早期決断の活動の中から何がSDGsと結びつくのかということを時間があれば見直していただくのもひとつかなと思っています。今日はこのへんで終わります。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

行政とNPOの連携がなぜ必要か

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。

 

今日は「行政とNPOの連携がなぜ必要か」というテーマでお話しをさせていただきます。ふるさぽも活動を始めて足掛け10年になります。こんなに長く続くとは思っていませんでしたが、当初は勢いで出発したというのが正直なところで、その勢いをつけるところでその当時はまったく勢いのみで、誰とどう何をしたらいいのかというのもありませんでした。

 

その中でも我々の出発は、よくある行政の方からこういう取り組みをしたいのですが連携してもらえないかというような出発時から行政が絡んでいるNPOの立ち上がりではなく、自分たちで何かできないだろうかという純粋な市民活動の中からの動きでありました。一方で行政の連携がなかった分、非常に苦労した部分もあります。

 

そういった中で地元美浜町の行政の皆さんからご理解をいただきまして、その後前町長にも声をかけていただきながら連携していこうという話で、そもそも町自体にも協働のまちづくりというスローガンが立ち上がっており、町民と行政との共同で問題解決していこうという話もありましたので、そのへんはすごく理解がありその後連携を進めていったという経緯。このような流れで進んでいます。

 

単体だけで動いていたというのと、連携で動いていたというどちらも経験しているのでいい面悪い面非常に長いスパンで経験させていただいています。その中で今日の結論になりますが、やはり連携は必要。行政とNPOの連携が必要だということは身にしみて感じています。なぜ連携が必要かというと、単体で動くと広がりかたがぜんぜん違います。

 

我々NPOに関しては行動力であったり思考であったり非常に柔軟なところがあるので動きがすごく早い。一方でその動きに対して、周りの地域の理解度が追いついてこないというところがもちろんありますので、そこをなんとか理解していただこう理解していただくためには情報を広げていくという流れの中で、NPOの力では住民の方に周知をしていただくというところまでにはなかなかいかない。

 

時間と手間がかかるのでそれを待っているとメンバーの士気も下がっていきますので、ここを上手に同じようなスタンスで動こうと思うとやはり行政の皆さんの信頼は抜群ですので行政の皆さんから情報を発信していただくという流れ。逆をいうと我々NPOと住民の方をつないでいただくというような役割は行政の方抜群にあります。こういう意味で連携が必要。この連携が進めばどんどん活動も広がっていくというところを今日はお伝えしました。今日はこのへんで終わります。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

所有者はスタートラインでヘトヘトを知れ(空き家社会活動家向け、行政職員向け)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。

 

今日は「所有者はスタートラインでヘトヘトを知れ」というテーマで空き家社会活動家の皆さんと行政職員の皆さん向けにお話しをさせていただきます。このオンラインサロンでもテーマとしています所有者の早期決断という話を進めているわけですが、まずこの所有者の方に早期決断をしていただかないといけないという1つのゴールに向かって走っていくのですが、その中で「早く決めてください」とか「放置するのは良くないですよ」とお話しします。

 

単純に考えたらそういうことを理解していただいて、理解したうえで判断していただくというところを進めていますが、そもそも所有者の方は気持ちが揺らいだりすることは大いにあるということは、この音声ブログでもいろいろお話しをさせていただきましたが、その前にスタートラインというところを今日は考えていただこうかなというふうに思っています。

 

スタートラインが何かというと、例えば空き家を所有するというところの大きなきっかけ原因は、相続にあるらしいのです。相続で家を取得する、空き家を取得するというのはだいたい全体の7割ぐらいでけっこう多い確率で相続するそうですが、この相続するというところでまずは登記等々あり、自分が所有するというところ。

 

ここが1番最初のスタートラインだと思いますが、この手続きがけっこう大変で親御さんが亡くなったりしていろんな手続きを踏まないといけない延長上に相続があると。さらには家族との話し合いもございますし、スムーズにいけばいいのですがスムーズにいかない場合もありますので、そのへんでいろんな手続きが大変で且つ、家の相続だけではなく他にも様々な相続があります。

 

取得した家を売るのか貸すのか、業者の方に相談していろんなことを1つずつ決めていくにはいろんな情報を得ないといけない、そんな状態を我々は見てきていますので、所有者の方が1番最初のスタートラインでヘトヘトであるということを我々は認識しないといけない。

 

こっちのペースで「早く決めたほうがいいですよ」というのは所有者の方にとって無理難題を投げつけているというところが側面にございますので、そういう相手の状況であったり気持ちであったりを察してあげるということが我々のスタートラインではないかなと思っています。

 

頭ではわかっているのですが、態度でお伝えしたり言葉で発したりすると違うふうに捉えられることもありますので、細心の注意を払いながら前に進んでいく、寄り添っていく姿勢が非常に大事だなというふうに思っています。詳しくはオンラインサロン空き家ラボのほうで話していますので、ぜひご覧いただければと思います。今日はこのへんで終わります。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日々のクレーム対応が次のステップに活かせる方法(行政職員向け)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。

 

今日は「日々のクレーム対応が次のステップに活かせる方法」というテーマで行政職員の方向けにお話しをさせていただきます。このテーマも2016年から始めていますメールマガジン「空き家のコト」からの抜粋です。

 

これを書こうと思ったのは、ある行政の職員さんからお話しを聞いたときに感じたことがきっかけです。行政の職員さんが空き家の取り組みで「日々クレームを処理しているだけで、ぜんぜん空き家問題は解決していないのです」「取り組んでないのです」とかなり熱く語ってくださいました。

 

思いとしては2つあると思っていて、1つは空き家対策と言っていますが実際の業務はクレーム処理ばかり。2つ目はクレーム処理ばかりで人数が少ないというのもありますが、次の一手がぜんぜん進めていない。これを聞いた時にもったいないという気がしました。

 

職員さんにも話していましたが、このクレームの処理はデータで残していますか?と聞くと、もちろん残してはいますが紙ベースで自分のメモ程度のところでデータ化していますと。もっというと後々使えるように所有者さん別にきちんとデータベース化されていますか?という話をしたら、「そこまでしていないです」と。

 

且つその時にも、きちんとしたデータベースもなく紙として残していて、それが有効的に使える状態になっているか検索可能になっているかというとそうではないというお話しを聞いて、もったいないなと思いました。

 

このクレームの対応が今後空き家の問題解決に非常に有効的にデータが働くのではないかと直感的に思いました。やはりその直感が正しく、数年経ってこのデータが活きてくるタイミングが出てきました。

 

そういうことを見越して、我々も美浜町の行政の方と一緒にさせていただいていますが、空き家調査の時にしっかりデータベースをとりデータベースの中にクレーム処理という部門も作って、それぞれの家にどんなクレームが出ていたか、どんな声が近所であがっているのかというのを入力するようなものを作りました。

 

それがふるさぽマップというもので市販もされていますが、このへんに繋がってきています。今一度、行政の皆さんクレームが出たらぜひデータベース化して活かせるデータに残していただきたいなと思っています。それでは時間になりました。また明日会いましょう。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー