決断パターンは5つしかない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングのNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。さて今日は2月の11日ですね。建国記念日ということで、基本的なところのお話しをしようかなと思っています。「決断パターンは5つしかない」というテーマでお話しさせていただきます。

 

所有者の方にいろいろアドバイスをさせていただく中で、行く末の決断というのはだいたい5つしかないのですと。それ以外は今のところないかなと。大きく分けると1番最初に思い浮かべるのは「売る」です。手放すという決断をした時に「売る」。売るまではいかないかなというときは「貸す」という2つ目の選択があり、それはどちらかというと使える状態であるということが前提です。もう朽ちてしまってどうにもならないというところになってくると「解体」という選択があります。この3つが基本的な形です。

 

我々のような中山間地域になってくると値段がつかないというパターンがあります。土地建物、不動産に対して通常高く売れていた時期もありましたが、最近では人口減少の流れもありますし、賃貸の物件もたくさん出てきましたので需要と供給のバランスというところで値段がつかない選択肢の1つとして「おゆずりする」というパターンもあります。このおゆずりするパターンも民間の欲しいという方に「どうぞ」というパターンもありますし、地区の方におゆずりするパターンもありますし、これはほとんどないですが行政の方に寄付をする、おゆずりするということもあります。というような流れが4つ目。

 

これで全部出たかなというような感じはしますが、私たちが1番お願いしているといいますか、この選択にしてほしいというのが最後にお伝えする「家族で使う」です。家族で使うということはお金もかかりませんし、悩むこともないですし、なんといっても先祖代々使っていくという形というのは家も喜びますし先祖も喜ぶというような流れではないかなというふうに思っています。ですので、1番最後に言いましたが、私はこの選択を1番最初に言います。「家族で使う方はいらっしゃいませんか?」と。

 

家族という形はもちろんお子さんというお話し以外にお孫さんや親戚の人たち、そういうところに声を掛けていただくという選択もありだと思います。そこを我々はおしていったのですがいろんな事例があります。最初は使わないといっていても声掛けをしていったら、いとこやいとこの子どもから使いたいという声があったりしますので、あながちゼロではないということも実際に起こっています。ぜひ家族で使うという選択もひとつ考慮いただければなというふうに思っております。ということで今日はこのへんでありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文化財に指定されるも管理が大変

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングのNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。もう今日で2月10日。早いですね。2月に入ってもう10日です。まだまだ寒い日が続きますが皆さんいかがでしょうか。ということで今日は最近考えることといいますか、ニュースを見てですがなるほどと思うことがありましたのでそのお話しをしたいと思います。

 

文化財に指定されるも管理が大変」というテーマでお話しさせていただきます。特に古いお家や文化財的に残しておかないといけないようなところで、維持管理が大変ですので国の補助をいただこうとすると、だいたい選択肢されるのが文化財文化財といってもいろんな町であったり県であったり国であったり様々なものがあり、種類は豊富にあるようなのですが、いろんな方に聞くとそれを登録されないと保護の目的の補助をいただけない。

 

先ほども言いましたが、そういう流れを目的に取得すると後が大変だというお話しをずいぶん前に聞いたことがあって、結局その時は補助がいただけるのですが文化財という形になってしまうと勝手に改修できない。維持管理する費用は所有者持ちですよと。一部は補助されるようなのですが、それは最初に大きく改修するときであって、これは位置づけが間違っていたらごめんなさい。長く保存するにはそれなりの維持費がかかると。それは個人の持ち物ですよというところになりますので、なかなか文化財にしてしまうと大変ですよというところもある。

 

一方でいろんなところでPRしてくださるので、文化財というような形で見学に来てくれたり、いろんなところでのPRをしたりというのは非常に有効的だというお話しも聞きますので、補助をいただけるというだけで文化財を選択するというのはあまり良くないような気がします。普通の家と違って古いから文化財になるのであって、必ずしもいいということは私の中ではあまり考えられないなと。もし私がそういうことをやってみようという気になるとすると、役場さんや市役所さんと話に話しまくって、この利用方法を最終的に出来る出来ないは別として計画的に狙っていきながらやっていくかなと思います。

 

もしそういうことを考えてらっしゃる、文化財としての登録それを運用しながら新しく改修するために文化財チャレンジしてみようという方は、いろんな方を巻き込みながら相談しながら中長期的な計算を少し入れられた方がいいのではないかなという気がしています。いろんな方がいらっしゃいますので、ぜひそのへんも参考にいただければなというふうに思っております。ということ今日はこのへんで、ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

データは活かされてデータ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングのNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。今日は「データは活かされてデータ」というテーマでお話しさせていただきます。

 

今空き家ツアーを計画していまして、そのために物件探しなどの最終調整の段階に入っています。まだ取りこぼしがないかなということで、今ある空き家のデータを洗いざらいもう1回調べているという中で動いています。日々、所有者の方から相談や利用したいという方からの相談、いろんな相談がやってきます。

 

相談などはデータベース化してはいますが見直すということは年に1回2回ですので、それをどう活かしていくかというところまでの流れというのが実際は日々の業務に追われていまして、なかなか難しいのが現実です。改めてデータの重要性を感じます。「こんな相談あったな、あんな相談あったな」「所有者の方からこんな要望があったな」というのは、日々記録はしていますがそれを活かす。

 

つまり要望を実現するために、その声を誰かに伝えていく。適切な団体や適切な人たちに伝えて次の段階に持っていくということを意外にしていなかったなと思います。日々その時にやっているつもりではありますが、気づいてみると意外にそのプロセスを踏んでいないなという思いがありまして、データは蓄積するだけではだめだと。蓄積されることも大事ですが、蓄積されたあとどう活かしていくかどう繋いでいくかということでしょうね。

 

これは我々だけではなくて、いろんな団体もそうだと思いますがいい情報は持っていてもそこからの壁が破られなくて、解決できる問題が解決できないというところもあるなというふうに思っています。だからこそもう少しデータを整理しながら、しっかり声に出していただいているものは今さらながらですがしっかり繋いで、そこに見え隠れする声なき声みたいなものもデータから見えてくるとおもしろいなと思いました。

 

所有者の人柄やどんなことを考えていらっしゃるのだろうかとイメージできる人間関係であればあるだけ方法はいっぱい出てくると思います。それこそデータから見えてくる何かみたいなところも追及できればいい流れになるのではないかな、データが活きてくるのではないかなとふうに思っていますので、皆さんのところでもデータの重要性を再度認識していただくこともひとつかなというふうに思っております。ということで今日はこのへんで終了させていただきます。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地元の歴史を知るって意外な発見あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングのNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。今日は「地元の歴史を知るって意外な発見あり」というテーマでお話しさせていただきます。

 

今日は空き家をクローズアップするというよりも、もう少し広い意味で地元を知るきっかけはないかなというところでいろいろ考えていまして、ちょうど昨日の2月7日がふるさとの日ということで、いろんなイベントを地元でしていました。いいきっかけだなと思い、近くの博物館など行ってみました。というのも、1回も行ったことがなく観光地の1つでもありますし、地元を知るいい建物なのですが実際に行ったことがありませんでした。かれこれ建って20年ぐらい経ちます。

 

行ってみて地元の歴史を改めて見るという場所もなく、細かく説明してくださる方もいらっしゃらなかったのでおもしろかったです。今回は縄文博物館というところに行ったのですが、意外な発見でした。元々そこには縄文時代の遺跡があると。貝塚が出ていたというのはもちろん地元の話としては知っていたのですが、その奥深いところまで知るというきっかけはありませんでした。実は遺跡は1つではなくて3つほどありまして、それぞれに特徴がありそれがだいたい似通ったところにあるので文化的なことも分かりましたし、物資の流通もここからこういうふうに流れていたからここが栄えていたというような地形的な発見もありましたし、非常に良かったなと思いました。

 

それを知る前と知った後では地元の見方が変わります。ここが栄えていた理由はここにこんなものがあったから、その後にここが栄えたのはこういうことがあったからというところで、町の発展と移り変わりが地形で何となく理解しました。ということは利便性がどこにあるか古い歴史がどこに残っているかということを、知るきっかけになりましたのでおもしろいなと思った次第でございます。

 

皆さんの近くにもそういうところがあると思いますし、まだこの美浜町近辺にもたくさん博物館や歴史資料館などありますしもっと掘り起こしてみると意外な空き家の繋がり、町の発展の繋がりが分かるといろんなヒントがあるのではないかなというふうに勝手に思っておりました。皆さんの方でもぜひご活用いただければなと思いますので、1度遊びに行ってみてはいかがでしょうか。ということで今日は少し早いですが、以上でございます。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

空き家地産地消っておもしろいかも

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングのNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。今日は「空き家地産地消っておもしろいかも」というテーマでお話しさせていただきます。

 

地産地消というと野菜などの生産物を地元で作って、地元で消費しようという流れのことを言いますが、今回の地産地消もよく似ていますが少し意味合いが違っています。そのお話しをしようと思います。これは最近ぼんやり考えていることの1つです。「やりました」という話よりも「これやろうかな、どうしようかな、おもしろいのではないかな」というような少しぼんやりした感じですので、そのようなつもりで聞いていただけるといいかなと思います。

 

これは利活用のお話しです。利活用というと、次に住んでいただく方の1つの形ですけれども、一般的にいうと我々が今取り組んでいる1つとしては所有者の方に決断していただいて、決断していただいた案件を空き家バンクに登録していただく。空き家バンクに登録していただくと、不動産業者さんが一生懸命住む方を探していただいて引き合いをして、住むということになれば次に地域の方に「こんな方が住みますよ」というご紹介に繋がって「よかったよかった」という話になるのですが、そこの地域の登場の仕方が1番最後で関係性が全くできていない状態、もっというならばどんな人がくるのかということが情報としては1部出るでしょうけれども、なかなか難しいというところで人間関係がうまくいかないということもあります。

 

ただ誰が住もうといいのですが、うまく人間関係がスムーズにいきお互い気持ちよく生活できるというのがベストだと常々思っています。そういうところでいくと、少し視点を変えて地元が考えていくという方法も1つありではないかと思っていて、地産地消を地元でアイデアを生み地元で問題解消をしていくという当て字にすると、おもしろいのではないかなと思います。

 

地元発信かといって、家自体は集落の1つに存在するのですが、ただその集落の家自体はきちんと所有者の方がいますので個人の所有になるわけです。そこのバランスが非常に悪いので地元がどうこう考えていようが、所有者の方が最終的に決めることですので無理ですよという考え方もありますが、もう少し俯瞰で考えていくと地元のニーズというところをもう少し反映できれば非常におもしろい展開になるのではないかというふうに思っております。

 

ただこれは実証実験したわけでもないですし、我々のマッチングの中でその方法でやっていくとうまくいくパターンが多いのでやってみようかなというところでございます。ということで以上です。ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国交省モデル事業報告について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングのNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。実はオンラインサロン空き家ラボのほうで昨日の記事の中に、国土交通省の事業報告内容というのを終了しますので、このような形で報告しますというお話しをさせていただきました。今日はそのお話しを少し「国交省モデル事業報告について」というテーマでお話しさせていただきます。

 

事業期間は昨年の8月から現在まで。厳密にいうと2月の末ぐらいを目途に事業が終わっていくのですが、ご存知のようにLINEの相談窓口を設置しようということでコミュニケーションのあり方を、今年度は考えてみようということをやっていました。結局結論はどうかというと、とても良かったです。思いのほか結果が出ました。コミュニケーションのあり方が今までは電話や手紙、ハガキなど。それはそれでいいところはあるのですが、オンライン上の流れというのは私が思っていた以上に非常に発達していて、そこに違和感なく皆さん取り組んでいただけるといいますか、コミュニケーションが容易にできたことが1つの発見でした。

 

そこからそのコミュニケーションをどう形成していくかということが非常に大事で、やり取りの流れを今年事業期間内で行ったという感じです。我々いつも言っていますように空き家の正しい情報はしっかり伝えないといけない、伝えないといけない内容と方法が非常に大事だと思い試行錯誤しながら所有者の皆さんにとって何が有益な情報なのか、そしてどのタイミングでというのを戦略的に行ってみました。1番うれしかったのは反応が非常に良かったことです。

 

今まで発信媒体というと、先ほども言いましたが電話や手紙ハガキ。メールマガジンという手もあるのですが、そのような形で行うのですが一方的で届いているのか届いていないのかもよく分からないというところが非常に大きかったので、双方向のやり取りが可能になったということは空き家の取り組みの中で所有者の方とのやり取り、もっというと所有者の早期決断につながるコミュニケーションがとれたというのは、この方法でこのやり方なのかというのが分かった気がした約半年間でした。

 

どれぐらい結果が出たのかはまだ少し言えない部分があるのですが、オンラインサロン空き家ラボのほうでは一部公開していますので、興味のある方はぜひ覗いていただければなというふうに思っております。世の中はこれからこのような感じで動いていくのでしょうね。オンラインという流れの中でスムーズなコミュニケーション。ということがよく分かりましたので非常におもしろかったなという感じでございます。ということで今日はこのへんで、ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あらためて地元限定の活動

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。私は福井県美浜町で建設業を経営していたり、空き家マッチングのNPOを運営していたり、最近では「空き家問題は所有者の早期決断で解決する」をテーマにオンラインサロン空き家ラボを運営しております、北山でございます。よろしくお願いします。今日は「あらためて地元限定の活動」というテーマでお話しさせていただきます。

 

ふるさぽは名前の通り、ふるさと福井サポートセンターというところで福井の名前が出ていますが、「活動の範囲はどこまでされているのですか」という質問をよく受けますが、美浜町のみでございます。この法人を立ち上げた10年ほど前は、福井県全域の空き家というところで、空き家の現状も知りませんでしたし、どれほど大変かということも分かっていませんでしたので、そういう意味では福井県全域の空き家の問題に対して取り組むNPO団体を立ち上げ数年やりました。

 

福井県全域とまではいきませんが、いろんな地区に我々が入ってやっていたのですが、空き家の数に驚愕したところがありまして、美浜町の数もそんなに多くないだろうと思っていましたが、調べていけば280軒ほど。棟数でいうと420棟ありました。1軒ごとに所有者がいて、その所有者さんに働きかけをするのですが簡単にはいきません。所有者の方と連絡をとることすら簡単ではないですし、仮にとれたとしても今後のことを考えていない方もいらっしゃいましたので、1軒ずつこれをつぶしていくと。1日1軒やってもぜんぜん回れないというところが美浜町の現状でしたので、これは地元優先だなということで活動を絞り美浜町限定にしたというところです。

 

このことを通して思ったことは地元のことは地元でやるべきだということが気づきの1つでした。美浜町は37集落。皆さんのところでは町内会といういい方もされますが、行政区域としては37あります。昭和の大合併のときに3つの村が合併していますので、それぞれの顔がいまだに文化として残っています。自分が住んでいる集落以外のことは意外に知らないことが多いですし、知り合いも限定されていくというところがありますので、さらに37集落の中でもそれぞれの住んでいる地域の方に空き家の問題に関わっていただくというのが1番ベストだなとふるさぽの流れの中で気づいたところであります。

 

1番最初に描いていたふるさと福井サポートセンター、福井という限定も実はそういう経緯があり、ただ一方で地域を絞れば絞るほど問題点も見えてきますので、我々は福井県美浜町でしていますが隣の敦賀市の人は敦賀市の人が我々のノウハウをもって活動していただくという形になりつつあります。そのあたりも発展しているなという気はしています。ということで「あらためて地元限定の活動」について今日はお話しさせていただきました。今日はこのへんで、ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
空き家社会活動家のための「オンラインサロン空き家ラボ」
http://akiyalabo.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー